バジェ・グランデでの活動

ごみの実態調査

今週は、手始めに「バジェグランデ市がどれくらいの量とどのようなごみを捨てているのか」の調査です。

 

Blog13.07.14

 

 

ちょうどタイミング良く国勢調査もあり、市の人口が13年ぶりに把握できます。

先ずはスタッフと一緒に地図を広げまんべんなく網羅できるように地図上に対象区(100家族)をチェックしていくと、道具を持って出発です。

ひたすらドアを叩き、「こんにちは~、市役所とDIFARです。ごみの調査に協力してください。」と一週間毎日ごみを渡してくれるようにお願いします。

ここで私が気になるのは、「トイレのゴミ」です。日本では水洗で、使用したトイレットペーパーは流しておしまい、ですがボリビアは下水道の関係で紙は別にして他のごみと一緒に出します。
今回の調査は重さを計るとともに、内容物を分別して全体ゴミ量のパーセンテージも知りたいので手作業でごみを開けていきます。

ここにトイレのゴミが混じっていたら非常に不衛生だなあ・・と思いつつ私の方はしっかり「トイレのごみは別に袋に入れてしっかり口を閉めてね」と言いますが、他のスタッフの説明を聞いていると別に説明していません。「説明しないの?」というと「あんまり説明するとやってくれないと思う」という事です。まあ、一理ありです。

後は、先ずドアを開けると日本の様に玄関が無いので家の中が丸見えです。ベットあり、台所あり。そして大体の家がものすごく、雑然としています。床は殆どの家が土のまま。奥の方には鶏や犬や猫が顔を見せています。
気になるのはプ~ンと漂ってくる匂い。馬小屋のような匂いと表現できます。

家によっては小さい子供(1歳位)が床にペタンと座って汚れた手でとうもろこしをかじっていますが家の人は誰もいない感じ。お母さんはドアを開けたまま買い物にでも出かけたのでしょうか?

二人のおじいさんが朝からお酒を飲んでいるお家もあります。「セニョリータ。いっぱい飲んでいけ」と地酒を勧められます。仕事中なのでとても飲みませんがおじいさんたちは「酔っ払い」という事で説明は不可能です。

などと家を観察しながら分別袋を渡していくとあっという間に時間が過ぎます。

マーケットの啓発活動も始めました。その様子は、また今度。

URL
TBURL

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top