まだ 始まらない堆肥場建設!!!

2014年5月22日

19日(月)~20日(火)と急遽バジェグランデに行ってきました。長文です~

先月25日にやっと、やっとリサイクルセンターの建設の契約が終わり10日以内に建設が始まるという事になっていました。

 

しかし、今まで遅延の大原因であった市役所がまたここで関わります。

 

建設開始までに、彼らが所有する重機を使って整地を行い、水、電気を建設現場まで引く、というのが約束でした。

 

「いつ整地を始めるの?」と契約前から言っていましたが

「契約が終わってから知らせて」と言われていて

「10日で終わるの?」と聞くと

「あんなの、半日もあれば楽勝」という事でした。

先ず、ここで私のミス

①半日あれば楽勝という言葉を信じる

 

今まで散々、言った通り進まない仕事をしてき ている市役所なのにまた信じてしまいました。

契約署名のその日に公共工事担当に連絡し、整地の予定を聞きました。

水、電気についても水局、電気局に申請を行うことを確認し、そう難しいことではないという認識がありました。

 

工事開始まであと2日に迫った3日に公共工事担当者に電話を入れ

「もう整地は終わった?」というと

「重機が道路整備に使われていてここから250キロのところにある」と言われました。

「約束が違うでしょ!!」と怒りましたが、仕様がないので、彼の上司の助役さんにも状況を伝え必ず来週中にやってもらうように話しました。

 

次のミス

②上司に話し、具体的な段取りをしたらやってくれるだろう、と思い込む

そしてミス

③整地に頭が行ってしまい、水、電気の追跡をするのを忘れる・・・

 

そして、5から始まる週は結果的に雨が降り整地に入れず、12日の工事開始はまた18日に変更となりました。

この週は毎日電話をいれ、電話口で怒ったり、ほめたり、励ましたり・・・。

整地はなんとか終わったのですが、16日の時点で水と電気の設営状況がはっきりわからないので現地に行くことに決めました。

 

案の定、電気局は申請通りちゃんとメーターの設置が終わっていましたが市役所のメーターから80Mの現場までケーブルを引っ張る作業を全くやっていませんでした。

もう、これは絶対に今日中に何がなんでもやってもらおう 、と思い担当者に話しましたが

「電気担当者が今マーケットの配線をしているからいつ時間があるか、わからない・・」

「だめ~。どこにいるの?直接話す」と彼を探し出しました。

 

彼は、行ってもいいけど人手が2人必要、というので公園課に行き、急きょ2名貸していただき、車で搬送。

「これはケーブルを引っ張るというより電柱を立てないといけないなあ」

「え~、電柱。どうするの?」

「そこのユーカリの木を切るか」

 

という事でまたユーカリの木をきる認可を取って、マチェッテ(山刀)で切り始めました。

そうしている間にお昼になり、うちのスタッフは「お昼抜きでやりましょう」と やる気満々。

仕様がないのでユーカリを間伐している彼らにお昼ご飯を買いに走ります。

 

今度は、穴掘り。有機物がほとんどないと思われるものすごい固い地盤です。

2時間かかって穴掘りが終わり無事に電柱を立てました。電柱はちゃんと皮をむき、腐らないように軽油を塗るという念の入れよう。

はっきり言って急いでるんだから立ってたらいいじゃないか!と思いましたが、こういうことは彼らの方が断然知っています。

 

やっと電気の設営が終わり、

「今度は水。水局になぜ今まで申請通り設営してないの?」ときくと水局は

「配管のコネクションだけが仕事なので、おたくは太いパイプ(MATRIZ)をちゃんど掘って出してください。」とのこと。

「その太いパイプはどの辺を走っているの?」と聞くと

「この辺かなあ?」

「なんでわからないの?」

「だって、もう何年も前に敷いたから、まあこの辺掘ってみて。」

掘ってみて・・って時間ないんですけど。まあ、仕方ないので掘り始めました。しかし、掘っても掘ってもパイプなんか出てきません。

 

もう長さ5M位掘り、深さは1M半位は掘りました。もう一回聞いても、

「いや、確かこの辺だから。もうちょっと掘ってみて」という事です。こういうことって普通にあるんだろうなあ?と思いながらさらに掘ります。

 

すると!!やってしまいました!!突然高々と水しぶきが上がります。鍬がパイプを直撃し、穴を開けてしまいました。

苦労して掘った 穴は一瞬で、すべて湖と化しました。

 

水局に連絡すると、いたって普通に対応され、

「その先にバルブが開いているから閉めて、水を全部くみ出してからまた連絡して。」

だそうです。こういうパイプ探しで穴を開けることも普通にあるのね・・と思いながら、今度は汲み出し作業。

 

この為に穴を掘ったみたいだね~、と冗談にも言えない雰囲気でした。

やっとくみ出し作業が終わり連絡すると、

「今日は他にもパイプ壊れた所があり今から行かないといけないから明日」と言われました。

 

というわけでやっと火曜日に、水、電気、整地の全てがそろったわけです。

明日、は無理だけど木曜日には始められるかなと業者に連絡すると、

「実は、 現場監督役が週中の開始は難しいので、月曜日からにしてください」という事で、最終的には3週間遅れの来週の月曜日からになりました。

 

図面を書きはじめてから7月でもうすぐ1年になっちゃいます。

「いったい、里子は何をしているんだ!」怒られても仕方がない進捗ではありますが、バジェグランデ市役所特に公共工事担当は

「まったく、里子はしつこく、人使いも荒い、めんどくさい奴だ」と思われていること間違いなしです。

 

しかし、そうでもしないとコトは進みません。

 

すみません。ダラダラと書いてしまいました。皆様も日常、書くと整理され気持ちも静まります。

またよろしくお願いいたします。

 

 

里子

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です