バジェ・グランデで働くスタッフ紹介2

2013年10月29日

前回に引き続き、バジェ・グランデにおいて現在進行中の“ごみリサイクルプロジェクト”のスタッフを紹介します。

◎Porfidio Pamos Avalos
(ポルフィディオ・パモス・アバロス)
通称“アブエロ”(「おじいさん」の意)

ポルフィディオさん

バジェ・グランデ出身。1955年生まれ。

先日紹介した“サバ”の仕事のパートナーとして、いつも一緒に生ごみの回収や堆肥作りの材料集めをしています。
有機廃棄物処理の仕事に関わって今年で4年。
優しくて、力持ち。頼りになる存在です。

◎浦田 広美
(Urata Hiromi)

ひろみさん

 

滋賀県出身。大学は美術科を卒業。
先住民の生き方について興味をもっていた頃、青年海外協力隊の存在を知り、
2010年から2012年まで青年海外協力隊村落開発普及員として、
ボリビア・チュキサカ県にあるプレスト村でリサイクルに関わる活動をしていた彼女。
2013年よりボランティアスタッフとしてDIFARに関わってくれ、
9月から6か月間、バジェ・グランデのリサイクルプロジェクトでインターンとして学びながら、
活動を手伝ってくれています。

DIFARには、他にも講習会の運営を手伝ってくれている5名の大学生ボランティアスタッフがいます。
彼らの紹介も載せようと思ったのですが、
現在卒業論文の作成等で忙しいということなので、
また後日掲載しようと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です