高校生と一緒に、リサイクルセンターのエコトイレ作り

2014年9月5日

 8月28日から、DIFARはリサイクルセンターに設置されるエコトイレの壁建設作業を地元の高校生たちと一緒にはじめました。

この日には、2つの高校(モンセニョールとカバジェロ)のグループが行いました。 午前のモンセニョール校の生徒さんたちは、DIFARスタッフと一緒にボトルの回収と運搬からスタート!

生徒も一緒に、ボトル回収

生徒も一緒に、ボトル回収

ボトル、材料運搬をする、モンセニョール校の生徒たち

ボトル、材料運搬をする、モンセニョール校の生徒たち

 現場では、ロバの糞を細かくしてそれを土とまぜたり、いろいろな準備を一緒にしてから、ワインボトルの再利用で、壁をつくり始めました。

ロバの糞と土などで壁土を作る作業。

ロバの糞と土などで壁土を作る作業。

柱の間に壁土とボトルで壁を作り始めます

柱の間に壁土とボトルで壁を作り始めます

カバジェロ校の高校生たちは、そういった準備の後に、どんどん壁を高くしていきましたが、もう今日は終わろう、としたところに、壁が一瞬倒れそうになって大慌てになりましたが、崩れることなく乾いて、今は順調に進んでいるそうです。

                                       DIFARメーリングリスト 岩谷良恵さんのバジェグランデレポートより

午後からは、カバジェロ高校の生徒たちが作業を引き継いで、ドンドン壁が積み上げられていきます。

午後からは、カバジェロ高校の生徒たちが作業を引き継いで、ドンドン壁が積み上げられていきます。

高さを増していくボトルの壁。里子さんも一緒に作業。

高さを増していくボトルの壁。里子さんも一緒に作業。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です