国内事務局より

2017年10月13日

2018年のDIFARカレンダーが到着しました♡

今年のカレンダーのテーマは「Boliviaの人々の暮らし」

昨年に続き、ボリビア在住の写真家ダニエルさんが写真を提供してくださいました。

4000m近くの山岳地帯や熱帯のアマゾンなど様々な地域で多様に暮らす人々の姿や風景写真が収められています。

踊りの風景や、遊びの風景など、、、人々の自然な表情がとっても魅力的な写真ばかりです。

2018年のカレンダーもすごくすごくおすすめです!

 

今日はさっそく、会員様や日ごろお世話になっている団体の皆さんにお送りするため、

発送作業を行いました。

今年はどんな感想をいただけるか、楽しみに作業をしました。

 

毎年、カレンダーを手に取ってくださった方からのお声を参考に、さらに良いカレンダーになるように改善を重ねています。

今年は、「農業にも役立つので、二十四節気や七十二候が入ってたらいいなぁ!」というお声をきいて、

とりいれてみました!

スペイン語と日本語での表記、

日本の祝日(赤字)とボリビアの祝日(緑字)、

月の満ち欠け、

そして二十四節気と七十二候と、

盛りだくさんの内容になりました。

日々の暮らしの中で役立てていただけると幸いです!

 

カレンダーは一部500円で販売しています。送料が別途かかります。

売り上げは経費を除いて全て活動費に充てさせていただきます。

カレンダーご購入希望の方は、

メール info@difar.jp

まで、ご希望の部数とご住所、お名前、連絡先を記入の上お送りください。

たくさんの方の手元に届き、役に立ちますように!

どうぞよろしくお願いします。

2017年9月5日

現地代表・瀧本里子から最近の活動のレポートと、活動風景の写真が届きました。

 

現在のDIFARの活動地であるバジェグランデ市、コマラパ市、以前の活動地であるコマラパ市は

ボリビアのサンタクルス県のバジェ地方に位置しています。

先週末、上記の3つの市と、サマイパタ市、マイラナ市の5市の廃棄物関係者総勢11名が参加して、

サンタクルス市のリサイクル会社や資源ごみの引き取り会社、サンタクルス市最終処分場などを見学するツアーを行いました。

研修は朝の8時から夕方の18時までみっちりで、へとへとになりましたが、とても有意義な研修だったと思います。

各市レベルでの分別をどこまでやるか、それによって販売価格などを会社と直接やりとりができました。

何より、サマイパタ市、マイラナ市、パンパグランデ市、バジェグランデ市、コマラパ市の横のつながりができました。

今後WhatsAppグループで情報交換や輸送コーディネート、また5市が一つのグループで販売することで販売量と頻度から良い売値で取引できるメリットもあるので、今後が楽しみです。

ツアーの写真です。

様々なガラス瓶の取引値段を話し合っています。

みんなお金のことになると真剣です。。。

 

こちらは、パンパグランデ市での活動の様子です。

パンパグランデ市ではコンサルタントによる農薬容器の市の条例について一回目の講習会がはじまりました。

パンパグランデ市とバジェグランデ市の堆肥担当者で堆肥技術会議も行われました!

現地では、バジェグランデ市で2013年からはじまったごみのリサイクルプロジェクトの最終年度になりました。

また、パンパグランデ市でも農薬容器を含む廃棄物リサイクルプロジェクトが2年目に入り、

バジェ地方でのリサイクルの動きが活発になっています。

 

DIFARはボリビアの人々の暮らしが安全で持続可能なものになるよう、日々活動をしています。

一緒に活動を支えてくださるサポーター、会員を募集しています。→

事務局での簡単な作業を一緒にしてくださるボランティアも募集しています。

詳しくは、お問い合わせください。→

 

2017年8月13日

第5回 森の音楽祭、今年も盛大に開催されました!!

 

大自然の中で、遊び、歌い、輪になって踊り、笑顔になった一日。

たくさんの子どもたちの参加もあり、川遊びやツリーハウスを楽しんでもらえていたようです。

お天気もちょうど涼しい曇りで、

途中さっと一降りきましたが、

またすぐにあがって、無事に全プログラムを終えることができました。

 

今年はプログラムも会場も出店内容も、また更にパワーアップした内容となっていました。

写真で当日の様子をご紹介します!

 

TAICO TRIBEさんの力強い太鼓の演奏ではじまった音楽会。

山の中に響き渡る迫力の太鼓の音。

厚い雲が一気にあがって、晴れ間がでてきました!!

 

続いて、ペルー人アントニオ・カマケさんの演奏。

力強い歌声と軽快なトークで会場は一気にヒートアップ!

カマケさんの音楽に合わせて、みんなおどるおどる!

 

続いて、沖縄三線・にいじゅんさんの演奏です。

しっとりした歌声と三線の音色が美しい。

アントニオ・カマケさんも加わり、カチャーシーで盛り上がりました!

 

続いて、今年初参加の、Sol de las Indiasさんによるボリビアの踊り「チャカレラ」

とっても華やかできれいでしたねー!

 

続いて、毎年名古屋から参加してくださっている、CHASKAの皆さん。

会場も大いに盛り上がりました!

 

ボリビア・コチャバンバ出身のダビッドさんと、ラパス出身のミゲルさんによる、ボリビアのおはなしも楽しかったです。

 

続いて、Earth Healing Familyによる、演奏と地球気功。

透明感のある素敵な歌声で癒されました。

 

その後、グループQuirquinaによる、ボリビアで大地の神様に感謝をささげるセレモニーで演奏される音楽 Musica Autoctonaの演奏です。

 

音楽に合わせて会場の皆さんも輪になって踊ります。

 

山の雰囲気にもぴったりの音楽、気持ち良かったです。

 

続いて、Sol de las Indiasの皆さんによる、踊り「クエッカ」の紹介と、ダンスレッスン!

デモンストレーションはとても軽快で楽しい踊りです。

教えてもらって、皆で挑戦しました。男女でペアになって、踊ります。

なかなか難しいいい!でも楽しい!

 

そしていよいよクライマックスへ!

毎年恒例のフォルクローレの出演者全員によるセッションです!

最後は会場全体で踊りの大きな輪ができました!

子どもたちも輪になって踊りましたー!

 

出店の様子もご紹介。

石窯ピザ焼き体験、大盛況でした。

  

 

ボリビア人テルマさんによる、「パクムート」の販売

美杉の杉板まるごと調理する、プランクバーベキュー!絶品でした。

フェイスペイントも子供たちに大人気でした。

他にも、手打ちそばがあり、大人気でした。

お菓子の販売や挽きたて珈琲の販売、ボリビアの軽食サルテーニャの販売もありました。

 

子どもたちは、会場のツリーハウスに大喜び!

 

川遊びも楽しかったようです!

音楽も楽しんでもらえたかな?

 

今年は、よりたくさんの子どもたちに、自然の中で豊かな一日をすごしてもらいたい、との思いで、

津市と名張市の全小学校にチラシを配らせていただきました。

たくさんの方々に参加していただけ、主催者一同大変うれしく思っています。

ありがとうございました!

 

また、毎年この音楽祭を支えてくださっている、ボランティアスタッフの皆さんにも、

改めて、ありがとうございます。

会場準備、片付け、当日の送迎、受付、子どもの見守り、販売、ピザ焼き、PAなどなど、

ボランティアスタッフの皆さんのご協力のおかげで、開催することができました。

 

そして、最後の瀧本幸弘理事長の挨拶もご紹介します。

「子どものときの、自然の中での豊かな体験が、とても大切」

「世界で一番豊かなところは、子どもたちの笑顔が溢れているところ」

「未来の子供達に何を残していけるかが僕達のこれからの仕事です」

子どもたちへの思いやりに溢れた挨拶で、音楽会が終了しました。

 

今年も素敵な一日を、ありがとうございました!!

また来年杣の森でお会いしましょう!!

 

DIFARスタッフ 浦田広美

 

 

 

 

 

2017年8月10日

いよいよ明日になりました、第5回森の音楽祭!

連日会場の準備や、様々な準備を進めてきました。

今日は会場の前日準備に、何名もの方がお手伝いにきてくださり、

皆さんをお迎えする準備が整いました!

私は準備に没頭していて、写真を撮るのを忘れてしまいました。

写真でお見せできませんが、今年の会場は、本当に素敵です。

明日来られる方、楽しみにしていてください。

舞台も、客席も、いたるところに手が加えられていて、さらに快適に過ごしていただけると思います。

 

お天気も、一日中曇りマークで、なんとかもちそうな感じです。

暑くなりすぎず、快適にすごせる一日になるといいなと思います。

 

ツリーハウスや、川遊びなど、子どもたちも楽しい一日になりますように。

ただ、大自然の中です。

岩場は滑りやすく、ツリーハウスは高所にあります。

十分気を付けて、安全第一で、楽しんでいただきたいです。

 

それでは、明日、美杉町 杣の森で、おまちしています!!!

お気をつけてお越しください。

2017年6月20日

みなさん こんにちは。

8月11日開催の森の音楽祭の準備が着々と進んでいる、DIFAR国内事務局です。

この週末に、会場に新しく作られていたツリーハウスが、完成しました!

!!

!!!

 

当日ぜひ登ってみたいですね!

 

さて、今日は事務局からお知らせがあります。

今年の森の音楽祭は、津市と名張市の教育委員会の後援を得て、市内のすべての小学校でチラシを配らせていただきました。

たくさんの子供たちに夏の楽しい思い出を作ってもらえたら、という思いがあります。

毎年たくさんの子供さんが来場していてくださいますが、

今年はさらに子供さんの数が増えると予測しています。

 

そこで、当日会場のあちこちで子供たちの見守りなどのお手伝いをしてくださる当日ボランティアを大募集いたします。

 

詳細*

会場:三重県津市美杉町八手俣169-2 レイクサイド君ケ野から上流約1Kmのところにある「杣の森」

ボランティアの日時:2017年8月11日(金・祝)午前10時集合、15時半頃まで

募集人数:約15名

応募条件:特にありませんが、暑い夏の会場での見守りボランティアですので、体力のある方。

申し込み:メール info@difar.jp または 電話・FAX 059-212-0154まで申し込みをお願いします。

ボランティア保険に加入しますので、7月30日までにお申し込みください。

持ち物:帽子や日焼け止めなどの暑さ対策のもの。昼食や飲み物は会場で購入もしていただけます。

参加費用:森の音楽祭の入場料は無料になります。交通費・食費は各自負担になります。

 

夏の楽しい思い出作りのお手伝いをしてくださる方、

私たちと一緒に楽しみながら子供たちの安心・安全のために力を貸してくださる方、

お待ちしています。よろしくお願いします。

2017年6月16日

森の音楽祭のチラシが届き、火曜日に事務局で仕分け作業をしました。

今年は津市と名張市の教育委員会の後援が得られたので、津市と名張市の全小学校にチラシをお配りします。

各小学校で配っていただくために、約2万5千枚以上のチラシを学校ごとに仕分ける作業をしました。

事務局スタッフ2名と、ボランティアの方一名、そして事務局長のお母さま(今年90歳!)もチラシを数えるのを手伝ってくださいました。

おかげさまで、午後6時頃には作業が終わりました。

たくさんのチラシを手にしながら、この一枚一枚が子供たちの手に渡るのだなぁと、

チラシの数が津市や名張市の子供の数なんだなぁと思うと、

「どんな風に思うかな」

「来てもらえるかな」

と想像が膨らみ、大変ながらも楽しい作業となりました。

 

会員様へは、7月頭ごろに、通信と一緒にお送りいたします。

楽しみにお待ちください。

また、友人や近所の人に配ってあげるよ、という方がおられましたら、

ぜひ

事務局(info@difar.jp)まで、枚数と住所をお知らせください。

 

そして、会場の方でも、着々と準備が進んでいます。

今年は川の上にどどーんと、床ができました!

京都の夏の風物詩、鴨川の床もいいですが、美杉の山の中のワイルドな床もいいですよ♪

今年はこの床のおかげで、会場がもっと広々と使えて、快適になりそうです!

そして、会場全体を見渡せる見晴らしのいい場所に、ツリーハウスの建設も進んでいます!

このピザ釜を使って、当日はピザ焼き体験もします。

川の上でのブランコ!

今は静かで風が木々を揺らす音や鳥のさえずり、水の音だけが聞こえる会場ですが、

当日はこの会場に人々が集い、話し声や音楽、笑い声でいっぱいになるんですね。

大自然の中で、一日めいっぱい遊ぶ。

子供たちにとっても大人にとっても、最高の一日ってこれに尽きると思います。

幸いこの山の中は携帯の電波も届かない場所。

この日の一瞬一瞬を満喫できる条件が整っています。

 

南米ボリビアでごみのリサイクルの推進など、農村部の生活環境を改善する活動を行う当団体DIFARが、

なぜ三重県の山奥で音楽祭をやるのか、とよく聞かれます。

理事長が山のお仕事をしていて、自身が管理する山の中に素敵な山小屋を建てられました。

そして理事長も、奥様である事務局長も、南米で活動する長女の里子さんも、ご家族も、

そして集まる仲間も、皆さん大の人好き。

せっかく素敵な場所があるのだから、そしてボリビアといえば民族音楽フォルクローレ、

フォルクローレや日本の音楽を集めて音楽会をして、

子供も大人も、外国人もどんな人も一つになってわいわい楽しめる一日が主催できたらいいなぁ、

子供たちは自然の中で遊べるし、

美杉ってこんなに素敵な場所なんだよって知ってもらう機会にもなるし、

私たちDIFARのことも知ってもらえる機会になるだろうし、

みんなに楽しんでもらえるなら、いいな!やろう!

そんな気持ちで始まりました。

そして今年で5回目を迎えます。

8月まで、準備を進めていきます。

みなさん、ご家族お友達を誘って、ぜひ遊びに来てくださいね!

今年は定員があるので、お早目のご予約をおすすめします。

ご予約はこちらへ! お待ちしています^^

musicfesta

2017年6月9日

 

今年で開催5年目となる、DIFAR夏の風物詩、森の音楽祭の日程が決定しました!

今年は8月11日(金)山の日の祝日に、三重県津市美杉町の杣の森にて開催します!

山の日に、清流がすぐそばに流れる山の中で、森の音楽祭を楽しむ、

とってもぴったりな山の日の過ごし方だと思いませんか?

 

音楽祭の内容は、

ボリビアやペルーのフォルクローレを中心に、

沖縄三線や、太鼓音楽のグループの演奏もあります。

今年はボリビアの伝統ダンスのグループの参加も決定し、

会場を華やかに盛り上げてくださいます。

ダンスレッスンもあります!

 

この森の音楽祭の魅力は、音楽だけでなく、会場にもあります。

山の仕事をしているDIFARの理事長と、仲間の皆さんが手作りで会場の準備をしてくださっているのですが、

川に木のテラスを作ったり、ブランコを作ったり、ツリーハウスを作ったりと、

いるだけで楽しい空間なんです。

子どもたちも毎年楽しそうに遊んでいます。

コンポストトイレももちろん手作りです。

先日の会場作りの様子を写真でご紹介します。

テラスでしょうか??

ツリーハウスでしょうか?!

これからどんな風に出来上がってくるのか、とても楽しみです!

 

会場のすぐ横には清流のながれる小川があり、

冷たい水に足をつけながら、流れてくる音楽を楽しむこともできます。

子どもたちは水遊びができますよ。

 

音楽、会場の他に、食べ物でも楽しみがいっぱいです。

・ボリビアのおかずパン サルテーニャ

・南米の牛肉の串焼き シュラスコ

・プランクバーベキュー 今年初めてお目見えします。美杉材の香りをお肉にうつすそうです!

・手打ち蕎麦

・さいずいさんのパン

などなど。お腹をすかせてきてください!

石窯ピザ焼き体験もできます!

ビールや冷たい飲み物の販売もあります。

さらに!

昨年大人気だった、滋賀県の似顔絵ペインターちゃたさんの似顔絵もありますよ!!!

 

8月11日、ぜひぜひ森の音楽祭へお越しください!

一人でも、家族でも、カップルでも、楽しめること間違いなしです。

 

毎年大人気のこのイベントを安全に快適にすごしていただけるよう、

今年は200人という定員を設けています。

ぜひ、お早めにお申し込みをお願いします。

8月4日までにご予約の方は前売り料金1000円、

8月4日以降にご予約の方は1500円となりますので、ご了承ください。

小学生以下のお子様は無料です。

 

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

皆様のご参加を心からお待ち申し上げます!!!

 

 

2017年2月3日

2月になってしまいましたが、今年もディファルをよろしくお願いいたします。

ディファル通信24号が完成しました。

会員の皆様にはご自宅に発送させていただきました。

こちらにも公開します。ボリビア・日本でのディファルの活動の様子をご覧ください。

今年もディファルの活動を通して、笑顔が溢れる一年になりますように。

応援よろしくお願いいたします。

24号1頁表紙

 

24号2頁_里子のボリビア便り

 

24号3頁_バジェグランデ便り

 

24号4頁_クラウドファンディングの御礼

 

5頁_国内事務局活動報告

 

24号6頁_ボリビアってどんな国とボリビアに住む日本人

 

24号7頁_スタッフの一言とボランティアツアー

 

8頁_国内事務局より_支援のお願い

2016年12月18日

12月17日「みんなで作る!みんなで楽しむ!ボリビア料理教室」を開催しました。

会場はフレンテみえ一階の生活工房にて。

今回のイベントは市民活動NPO月間の企画の一つとして開催しました。

dsc_0208

dsc_0211

講師は津市在住のボリビア人シェフ、村上フリアさんと息子さんの村上ホセルイスさん。

野菜の切り方から、味付けまで、丁寧に説明しながら進めてくださいました。

dsc_0217

ボリビアの人はまな板を使わずに、手だけで器用に野菜を切ります。

これ、すごく難しい〜

dsc_0227

ニンニクをみじん切りしたあと、手の洗い方まで教えてくださいました!

手に臭いが残らない手の洗い方、知っていましたか?

私は今日初めて知りました!

知りたいですか?、、、知りたいですね!

 

さっと水に流すだけ!

 

たったこれだけなんですって。ごしごし洗わないことがポイントです!

こんな便利な情報まで教えてもらえて、とてもラッキーです。

参加者のみなさんで、わいわい楽しく調理しました。

そして、できあがりました!

 

dsc_0232

こちらは、スープです。ラパス地方の家庭料理で、チャイロといいます。

お肉や麦、トウモロコシ、じゃがいも、野菜など10種類以上が入った具沢山スープ!

とっても美味しかったです!

dsc_0233

みんなでテーブルを囲んでの昼食。

 

スープだけで、お腹いっぱいになりました。

でも、まだ今日のメインがあります。

豚肉のからあげ、コチャバンバ地方の料理、チチャロンです。

dsc_0236

ボリビアの伝統的な方法で、チチャロンを盛りつけてくださるフリアさん。

dsc_0237

こちらがチチャロンです。

スパイスに一晩漬けた豚肉をじっくり揚げています。

噛み締めるたびに、口中にじゅわっと美味しさが広がります。

絶品でした。

そして、デザート!

dsc_0239

ボリビアの国旗カラーのゼリーと、

消化を助けるという、シナモンティーをいただきました。

 

昼食の後には、参加者で今回のイベントのチラシの絵を描いてくださったミゲルさんが

ボリビアのクリスマスの歌を演奏してくださいました。

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%a2%e6%96%99%e7%90%86%e6%95%99%e5%ae%a4%ef%bc%92p

小さなお子様も参加してくださり、トマトをすりおろしたり、乾燥したじゃがいも(チューニョ)を小さくちぎってくださったりと、活躍してくださいました!

フリアさんからボリビアの色んなお話も聞きながら、参加者同士で会話もはずむ、楽しい料理教室になり、

スタッフ一同大変喜んでいます。

ご参加くださった皆さん、いつも活動を応援してくださっている皆さんに、改めて感謝いたします。

ありがとうございます。

今後も大好きなボリビアの素敵なところを紹介する魅力的なイベントを開催していきたいと思います。

ぜひ、またご参加ください^^

2016年11月29日

いつもディファルの活動を応援してくださりありがとうございます。

皆さんはボリビア料理を食べたことがありますか?

日本ではなかなか出会うことができませんね。

そんなめずらしいボリビア料理を一緒に作って食べられる、美味しいイベントが12月にあります!

12月17日(土)津市の総合文化センターにてボリビア料理教室を開催します!

ディファル初の試みで、津市在住のボリビア人の先生が教えてくださいます。

メニューは、高地でよく食べられるスープ、チャイロ。

chairo

 

 

 

これがチャイロです。ラパス地方でよく食べられるスープで、じゃがいもやチューニョ(乾燥芋)トウモロコシ、麦、野菜、肉等具沢山でとっても美味しいです。

 

そして、2品目 チチャロンも作ります。

chicharron

 

 

 

これがチチャロンです。こちらは、ディファルの活動地であるバジェグランデでも、よく食べられる人気料理です。

日曜日のお昼はチチャロンとビールというのが定番です。

豚肉の唐揚げとジャンボトウモロコシを一緒に食べます。クセになる味。

 

当日はこの2品のほかに、デザートとお茶もついて、参加費1,000円です!

そして小学生以下のお子様は無料です!!

 

料理を通してボリビアという国のことをもっと皆さんに知っていただけたらいいな、と企画しました。

 

朝9時半からじっくり調理して、できあがったら皆でお昼ご飯、ゆっくり色んなお話しましょう♪

詳細はこちらのチラシをご覧ください。

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%a2%e6%96%99%e7%90%86%e6%95%99%e5%ae%a4%ef%bc%92p

日時:12月17日(土)9時半開始、ボリビア人の先生からじっくりボリビア料理の秘密を聞きながら調理します。12−13時頃昼食、その後ディファルの活動紹介やボリビアのお話もあります。

場所:三重県津市総合文化センター内フレンテ三重生活工房

〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234 (津駅からバスがあります。駐車場もあります。詳しくはコチラhttp://www.center-mie.or.jp/access/)

持ち物:エプロン、三角巾

参加費:1,000円 小学生以下無料

ご予約・お問い合わせは info@difar.jp まで。

ボリビア人シェフに教えてもらうボリビア料理教室、珍しいこの機会にぜひぜひご参加くださいー!

参加者絶賛募集中です!よろしくおねがいしますー!!!