森の音楽祭 ありがとうございました!

2017年8月13日

第5回 森の音楽祭、今年も盛大に開催されました!!

 

大自然の中で、遊び、歌い、輪になって踊り、笑顔になった一日。

たくさんの子どもたちの参加もあり、川遊びやツリーハウスを楽しんでもらえていたようです。

お天気もちょうど涼しい曇りで、

途中さっと一降りきましたが、

またすぐにあがって、無事に全プログラムを終えることができました。

 

今年はプログラムも会場も出店内容も、また更にパワーアップした内容となっていました。

写真で当日の様子をご紹介します!

 

TAICO TRIBEさんの力強い太鼓の演奏ではじまった音楽会。

山の中に響き渡る迫力の太鼓の音。

厚い雲が一気にあがって、晴れ間がでてきました!!

 

続いて、ペルー人アントニオ・カマケさんの演奏。

力強い歌声と軽快なトークで会場は一気にヒートアップ!

カマケさんの音楽に合わせて、みんなおどるおどる!

 

続いて、沖縄三線・にいじゅんさんの演奏です。

しっとりした歌声と三線の音色が美しい。

アントニオ・カマケさんも加わり、カチャーシーで盛り上がりました!

 

続いて、今年初参加の、Sol de las Indiasさんによるボリビアの踊り「チャカレラ」

とっても華やかできれいでしたねー!

 

続いて、毎年名古屋から参加してくださっている、CHASKAの皆さん。

会場も大いに盛り上がりました!

 

ボリビア・コチャバンバ出身のダビッドさんと、ラパス出身のミゲルさんによる、ボリビアのおはなしも楽しかったです。

 

続いて、Earth Healing Familyによる、演奏と地球気功。

透明感のある素敵な歌声で癒されました。

 

その後、グループQuirquinaによる、ボリビアで大地の神様に感謝をささげるセレモニーで演奏される音楽 Musica Autoctonaの演奏です。

 

音楽に合わせて会場の皆さんも輪になって踊ります。

 

山の雰囲気にもぴったりの音楽、気持ち良かったです。

 

続いて、Sol de las Indiasの皆さんによる、踊り「クエッカ」の紹介と、ダンスレッスン!

デモンストレーションはとても軽快で楽しい踊りです。

教えてもらって、皆で挑戦しました。男女でペアになって、踊ります。

なかなか難しいいい!でも楽しい!

 

そしていよいよクライマックスへ!

毎年恒例のフォルクローレの出演者全員によるセッションです!

最後は会場全体で踊りの大きな輪ができました!

子どもたちも輪になって踊りましたー!

 

出店の様子もご紹介。

石窯ピザ焼き体験、大盛況でした。

  

 

ボリビア人テルマさんによる、「パクムート」の販売

美杉の杉板まるごと調理する、プランクバーベキュー!絶品でした。

フェイスペイントも子供たちに大人気でした。

他にも、手打ちそばがあり、大人気でした。

お菓子の販売や挽きたて珈琲の販売、ボリビアの軽食サルテーニャの販売もありました。

 

子どもたちは、会場のツリーハウスに大喜び!

 

川遊びも楽しかったようです!

音楽も楽しんでもらえたかな?

 

今年は、よりたくさんの子どもたちに、自然の中で豊かな一日をすごしてもらいたい、との思いで、

津市と名張市の全小学校にチラシを配らせていただきました。

たくさんの方々に参加していただけ、主催者一同大変うれしく思っています。

ありがとうございました!

 

また、毎年この音楽祭を支えてくださっている、ボランティアスタッフの皆さんにも、

改めて、ありがとうございます。

会場準備、片付け、当日の送迎、受付、子どもの見守り、販売、ピザ焼き、PAなどなど、

ボランティアスタッフの皆さんのご協力のおかげで、開催することができました。

 

そして、最後の瀧本幸弘理事長の挨拶もご紹介します。

「子どものときの、自然の中での豊かな体験が、とても大切」

「世界で一番豊かなところは、子どもたちの笑顔が溢れているところ」

「未来の子供達に何を残していけるかが僕達のこれからの仕事です」

子どもたちへの思いやりに溢れた挨拶で、音楽会が終了しました。

 

今年も素敵な一日を、ありがとうございました!!

また来年杣の森でお会いしましょう!!

 

DIFARスタッフ 浦田広美

 

 

 

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です