バジェ・グランデで働く広美さんより 活動報告です!

2013年11月20日

 

バジェグランデから、ひろみさんより活動報告です。

 

——————————————————————————————————————

 

寒かったバジェグランデも、昼間は日差しが強くずいぶん暑くなりました。

 

今月は毎日講習会を実施しています。

9月から高校で、10月からは小学校で講習会を実施してきました。

先日最後の小学校での講習会がありました。

生徒の人数が多い学校の場合、教会の所有する劇場を借りて講習会を実施することが多いです。学校の雰囲気にもよりますが、生徒の数が多いとみんな集中力がきれてしまっておしゃべりが始まってしまうので、気合いが必要です。

主に講習会を進めるのが上手なリセが司会を担当します。

彼女ははっきりと大きな声で、表情豊かに、表現もシンプルにわかりやすく、そして面白く司会を進めるので、子供たちも楽しんで聞いています。本当に講習会を進めるのが上手で、見ている私にとっても勉強になります。

時にはサバや私も司会を務めています。やっぱり回を重ねるたびに上手になります。

途中には毎回マスコットのZorrro たちも出てきて、買い物の時にはかごやバックを持参しよう!とテーマの劇をします。劇をするのは、ボランティアの教員過程の学生さんたちが本当に上手、しかも毎回上手になっています。

Zorrroの中に入って劇をするのはおもしろいですが、暑い日は蒸れて本当に大変です。

講習会が終わって頭をはずしたときの爽快感はたまりません。

いつもボランティアの人たちも含めて、5人くらいのチームで小学校の講習会を実施してきました。

プロジェクトチームは毎回劇あり、ゲームありで楽しく子供たちに3Rについて学んでもらおうと工夫を重ねてきたので、最後の小学校での講習会が終わったときは、ほっとするとともに、達成感も感じたそうです。マイクの調子が悪く、ずっと使えない状態だったので、今までずっと司会を務めていたリセは「喉が痛かった…」とも。

学校での講習会は終了しましたが、まだまだ、各NGOや銀行などのオフィスや病院、市場での講習会が続きます。

学校に比べて規模が小さいので、話すときに喉がいたくなることはありませんが、仕事の時間内に行うので、簡潔にわかりやすく短時間で進めるように気をつけています。

毎回たくさんの質問や意見が交換される有意義な時間となっています。

市場では、売り手の人たちに集まってもらって、お客さんに買い物袋持参を呼びかけてもらうように話しています。

お客さんがたくさん袋を使うときは、日本のスーパーのように買い物袋を有料にしていきます。

各機関のオフィスでも4色のごみ箱を設置してもらって、リサイクルを実施していきます。

 

講習会へは、いつもプロジェクター、スクリーン、オーディオ機器、劇に使う小物、zorrroの被り物、アンケートのための道具など、たくさんの物を持っていきます。私たちはプロジェクトのための交通手段が用意されていないので、毎回荷物を持って歩いていきます。講習会を実施するメンバーが少ない場合は、2、3回オフィスと講習会の場所を行き来します。

たまに見かねて、市役所の人で車を持っている人が送っていってくれたりもしますが、基本的にはいつも徒歩です。

無料の体力作りだと思って歩いています。リセはジーンズのサイズが一つ小さくなった!と喜んでいます。が、一日に3回も4回も講習会がある日は本当に大変で、一日が終わるとくたくたになっています。

そして、11月から毎週土日の市場での分別キャンペーンがはじまりました。

土日の朝6時から、市場の野菜売り場の一角に4色の分別ごみ箱を並べて、市場に訪れる人たちに分別を知ってもらおうと呼びかけています。土日はバジェグランデの集落部からもたくさんの人が訪れるので、プロジェクトを知ってもらういい機会となっています。

中には、講習会で訪れた小学校の子供が、学校で覚えた分別をお父さんお母さんに教える場面も。嬉しい瞬間です。

毎週キャンペーンをしているうちに、市場の売り手のおばちゃんたちも分別を覚えてくれて、説明なしでそれぞれのごみ箱に分別してごみを捨ててくれています。プロジェクトメンバーは休み返上で、がんばっています。

 

これからも講習会と市場でのキャンペーンの日々が続きます。

体調管理に気をつけていきたいと思います。また、報告します。

 

写真1、2 劇場での講習会の様子

BD34 (1024x768) BD35 (1024x768)

写真3 サバが最近直ったバイクでスクリーンを運ぶ様子

BD36 (640x480)

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です