活動の軌跡~これまでのヒストリー~

DIFARHP.jpg

ボリビアとの出会い

2001年1月からDIFAR設立者・瀧本里子は青年海外協力隊員として2年間、ボリビア・サンタクルス県の農村地域で野菜栽培の技術支援をする隊員として活動していました。現地で貧困の実態に直面した瀧本は、2年間の任期終了後、「ボリビアの人々にとって“本当に必要な”支援をしていきたい」と単身ボリビアに戻ることを決意します。その後家族や知人からの支援を募りながら準備を進め、2003年にDIFARが誕生しました。

2003年1月
青年海外協力隊任期終了のためボリビアより帰国
その後、DIFARの設立を提案
日本各地を回って、支援者・支援金を募る

2003年4月

ボリビアでの活動開始
コマラパ市、サイピーナ市の貧困地域において家庭菜園・家畜飼育などを支援

2003年8月

サンイシドロ川流域の上流に位置するプルキナアリーバ村より、
トイレ建設支援の要請を受ける

2004年

プルキナアリーバ村に6基のトイレを建設

.
2005年

62基のトイレをサン・イシドロ川周辺集落に建設
(FIDR(国際開発救援財団)およびエキスパートアライアンス株式会社の寄付金、現地市役所の協力による)
この間、家庭菜園・家畜飼育への支援も継続

アンデス山脈のふもと~ボリビアの人と共に活動する日本人~」(2005年)

ボリビアでの活動紹介~エコサントイレ、テンジクネズミ、家庭菜園プロジェクト~」(2005年)

ボリビアでの活動紹介~エコサントイレ、テンジクネズミ、家庭菜園プロジェクト~」(2005年)
2006年

50基のトイレをサン・イシドロ川周辺集落に建設
(アメリカ人ボランティアの支援、国際ボランティア貯金からの配分事業による)
コマラパ市において堆肥作り講習会を実施(津市国際交流事業の助成金で現地に派遣された堆肥の専門家・橋本力男氏に協力を得る)


2007年

243基のトイレをサン・イシドロ川周辺集落に建設
(エキスパートアライアンス株式会社からの寄付金、国際ボランティア貯金の配分事業による)

2008年

コマラパ市に第一堆肥場の建設。生ごみの回収、堆肥化事業 を開始
(国際ボランティア貯金の配分事業による)
150基のトイレをサン・イシドロ川周辺集落に建設
(エキスパートアライアンス株式会社の寄付金、国際ボランティア貯金の配分事業による)

ボリビアでの活動紹介~生ごみリサイクル堆肥化事業、エコサントイレ建設事業~(2008年)」


2009年

生ごみの回収、堆肥化の事業を継続。堆肥の質向上と、普及事業を行う
(国際ボランティア貯金の配分事業による)


2010年

コマラパ市に第二堆肥場を建設
市民グループを組織化し、生ごみリサイクルに関する講習会を行い、堆肥の販売の準備(国際ボランティア貯金の配分事業による)


2011年

生ごみリサイクル事業の運営をコマラパ市役所に移行
撤退後は見守りを続ける

2012年~2016年

JICA“草の根技術協力事業”(草の根パートナー型)として、サンタクルス県バジェグランデ市においてごみリサイクルプロジェクト を開始。現在実施中!

具体的な活動事例

家畜飼育の技術指導

サンタクルス県サン・イシドロ川周辺村落

エコサントイレ設置事業

サンタクルス県サン・イシドロ川周辺村落

生ごみリサイクル事業

サンタクルス県コマラパ市 、バジェグランデ市