ボリビアについて

DIFARが活動するボリビアは、南米大陸の中心に位置する国で、豊かな自然環境を有し、1つの国の中に高地のアルティプラノ地域、過ごしやすい気候のバジェ地域、低地には地球の「肺」ともいわれるアマゾン熱帯雨林地域が存在します。

また、36以上の異なる民族からなる多民族国家で、人々は明るく人情味に厚く、心豊かに暮らしています。

しかし、習慣や情報不足に根ざすゴミの散乱や、不適切な処理が原因で、水や土壌の汚染、蚊やカメムシによる病気、焼き畑による森林消失に加え、近年の温暖化の影響で農作物の終了低下も問題になっています。

基本情報

[/tablecell][/tablecell][/tablecell][/tablecell][/tablecell][/tablecell]
国名ボリビア多民族国(Plurinational State of Bolivia)
面積110平方万キロメートル(日本の約3倍)
人口1,038万人(2012年11月時点)(日本の約10分の1)
首都スクレ(実質上の首都はラパス)
民族先住民55%,混血32%,欧州系13%
言語スペイン語及びケチュア語、アイマラ語を中心に先住民言語36言語
宗教国民の大多数(95%以上)はカトリック教
Screenshot森の音楽祭~豊かな自然体験と異文化交流~
毎年夏に行われる森の音楽祭。 今年の開催は、7月28日(日)です。大自然の中で演奏される音楽、石窯ピザ焼き体験、川遊び、自然体験、飲食ブースなども用意しています。 準備も着々と進み、現在申し込み受付中です。
Return Top