青木歌音のwikiプロフ•経歴!学歴は共栄大学中退で理由は彼氏と同棲するため?

青木歌音(あおき かのん)は元男性で性別適合手術により戸籍上女性となりました。

現在は「元男の子YouTuber」として過去に野球部だった経験を活かした野球企画や元男の子を強みにした性の話題などで人気を得ています。

そんな青木歌音の気になるWikiプロフィール(本名)・経歴・学歴(出身高校・大学)について調べてみました。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

青木歌音のwikiプロフィール

青木歌音のwikiプロフィール

名前:青木 歌音
読み方:あおき かのん
本名:青木 文香(あおき あやか)
出身地:東京都目黒区
生年月日:1992年8月13日
年齢:31歳(2024年5月時点)
血液型:O型
身長:169.7㎝
学歴:共栄大学(中退)
職業:タレント、YouTuber
所属:石井光三オフィス
趣味:旅行、食べ歩き、ダム巡り、語学学習
特技:韓国語、カラオケ、本田翼のモノマネ
資格:普通自動車免許

青木 歌音は1992年8月13日生まれの東京都目黒区出身です。

本名は文香(あやか)だとXで語っています。

日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれたハーフです。

青木歌音は2014年の22歳の時、性別適合手術を受け、2022年に戸籍上の性別が女性になりました。

法律上は女性です。

現在では身体的にも心も女性として生活しています。

スポンサーリンク
 

青木歌音の経歴

幼稚園時代に性別に初めて違和感を覚える。

父親のすすめで小学1年生から高校卒業までの12年間、野球部に入部。

高校3年生の時に、性同一障害であることを両親にカミングアウト
父親に激怒されて馬乗りになって殴られる。

高校3年生の夏休み前から女性ホルモン剤を飲む。
両親にカミングアウト以降、父親と絶縁状態となり20歳のとき実家を出る。
中華料理屋で住み込みのバイトをして生活。

その後、キャバクラでも働くようになるが、夜の世界が肌に合わず、
スーパーでバイトを始める。

22歳のとき、性転換が完了。

2014年に自身のYouTubeチャンネルを開設。
元男の子YouTuberとして注目を集める。
2015年4月より BSスカパー「チャンネル生回転TV Allザップ!」番組で女子アナとして出演。

2019年3月に青木歌音 with Reflexionとして「かさぶたのワタシ」をリリースし、音楽活動を開始

2024年5月現在、チャンネル登録者数48.8万人を誇る人気YouTuberとして活躍中。
動画は過去に野球部だった経験を活かした野球企画、元男の子を強みにした性の話題など自身の経験を元にした企画を多数投稿。

スポンサーリンク
 

青木歌音の学歴

青木歌音の学歴は

出身小学校:目黒区立烏森小学校
出身中学校:東京都目黒区の中学校
出身高校:高知高等学校→共栄学園高等学校
出身大学:共栄大学(中退)

です。

スポンサーリンク
 

出身小学校:目黒区立烏森小学校

青木歌音の出身小学校は目黒区立烏森小学校です。

小学1年生から野球部に所属していて、

当時、身長158㎝で体重が64kgありました。

スポンサーリンク
 

出身中学校:東京都目黒区の中学校

出身中学校は公表されていませんが、
東京都目黒区出身のため、東京都目黒区にある中学校に通っていた可能性が高いです。

スポンサーリンク
 

出身高校:共栄学園高等学校

高校は共栄学園高等学校を卒業しています。

青木歌音さんは元高校球児で四国にある強豪校の高知高等学校で野球部に所属していましたが、その後、東京都葛飾区にある共栄学園へ転校しています。

共栄学園高等学校の偏差値は46〜58です。

引用:みんなの高校情報

住所:〒124-0003
東京都葛飾区お花茶屋2丁目6−1

スポンサーリンク
 

出身大学:共栄大学(中退)

大学は共栄大学に進学しています。

共栄学園高等学校から共栄大学へはエスカレーター式で進学しました。

ただ、当時交際を始めた男性と同棲することとなり、大学3年の20歳の時に中退しています。

共栄大学の偏差値は37.5〜40で入学しやすい学力の大学といえます。

引用:みんなの大学情報

住所:〒344-0051
埼玉県春日部市内牧4158

スポンサーリンク
 

青木歌音のwikiプロフ•経歴!学歴は共栄大学中退で理由は彼氏と同棲するためまとめ

青木歌音は元男性で性別適合手術により戸籍上女性となりました。

現在は「元男の子YouTuber」として過去に野球部だった経験を活かした野球企画や元男の子を強みにした性の話題などで人気を得ています。

そんな青木歌音の気になるWikiプロフィール・経歴・学歴(出身高校・大学)について調べてみました。

今後も引き続き、青木歌音の活躍を応援していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次