我龍真吾のWikiプロフ•経歴!職業はアラフィフの格闘家として活動中?

朝倉未来が代表を務める「ブレイキングダウン」のオーディションが行われ、実業家の萩原裕介と、喧嘩師の我龍真吾が2024年6月2日開催の「ブレイキングダウン12」で対戦することが決定しました。

喧嘩師の異名を持つ我龍真吾のWikiプロフィール(本名)、経歴、職業について調べてみました。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

我龍真吾のWikiプロフィール

引用:Yahoo!ニュース
我龍真吾のWikiプロフィール

名前:我龍 真吾
読み方:がりゅう しんご
本名:山本 真吾(やまもと しんご)
通称:喧嘩師
生年月日:1975年6月23日
年齢:48歳(2024年5月時点)
出身地:東京都八王子市
身長:178㎝
体重:75kg
職業:格闘家

我龍 真吾(がりゅう しんご)は1975年6月23日生まれの東京都八王子市出身です。

本名は山本 真吾(やまもと しんご)で、通称は喧嘩師と呼ばれています。

試合中「我龍タイム」と呼ばれるものがあり、最終ラウンド残り1分を切ると、ノーガードで相手と殴りあうスタイルです。

スポンサーリンク
 

我龍真吾の経歴

地元八王子で暴走族に所属し、軽い気持ちでキックボクシングジム「尚武会」(新日本キックボクシング協会)に入門。

鷹山真吾という名でデビュー。
一気に注目を浴びる人気選手となり、日本ライト級王者まで上り詰める。

2003年初頭、練習をやめ、格闘技界から離れる。

2004年12月5日、リングネームを我龍 真吾に改名。

2009年5月25日、大麻所持容疑で逮捕。
東京都渋谷区本町の路上の乗用車内で、大麻約2gを所持。

2012年10月16日、元妻の会社員女性を東京都八王子市の駐車場で脅したとして、暴力行為法違反で逮捕

キックボクシングで5階級制覇し、8つの王座を獲得

後年は負けが続き、39歳の2015年2月を最後にリングから離れ引退状態。

47歳の2022年7月に「アクセル ライトヘビー級王座決定戦」で突然復帰。
関西キックボクシングRKSライトヘビー級王者のNORI選手と対戦、延長で判定3-0で勝利して新王者となり、通算9本目のベルトを手にする。

「ブレイキングダウン12」のオーディションに参加、山本大雅の件で因縁のある萩原裕介とのスパーリングが決定。

2024年現在も格闘家として活動中。

スポンサーリンク
 

我龍真吾のWikiプロフ•経歴!職業はアラフィフの格闘家として活動中まとめ

朝倉未来が代表を務める「ブレイキングダウン」のオーディションが行われ、実業家の萩原裕介と、喧嘩師の我龍真吾が2024年6月2日開催の「ブレイキングダウン12」で対戦することが決定しました。

喧嘩師の異名を持つ我龍真吾のWikiプロフィール(本名)、経歴、職業について調べてみました。

今後も破天荒な我龍真吾の活躍を応援していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次